小泉八雲

ゴーストツアー 怪談話と郷土料理

語り部の怪談話で夏の夜を涼しく過ごすのはいかがですか。
小泉八雲の「怪談」のゆかりの地を訪ねて、闇の中で怪談話を聞けばぐっと涼しくなるというものでしょう。

松江ゴーストツアー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神々の国の首都

小泉八雲記念館(松江市) 出雲の地は不思議な魅力があります。

古代出雲の中心地である松江に赴任したラフカディオ・ハーン(小泉八雲)は「ここにはまだ日本が残っている」と言い「神々の国の首都」「民族のゆりかごの地」と呼んだそうです。

続きを読む "神々の国の首都"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

八雲は毎日牛乳を飲んでいた

Kouseisya 八雲は毎朝牛乳を飲んでいたという記録があるそうです。

小泉八雲宅(冨田屋)へ牛乳を配達していたのは、明治6年創業の牛乳販売「鴻生舎(こうせいしゃ)」だそうで、松江病院(現在の松江日赤病院)にも販売し、舎屋も病院の近辺にあったと言います。

続きを読む "八雲は毎日牛乳を飲んでいた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出雲は神話・伝説・民話の宝庫

Kitarou 出雲は神話のふるさとと言われますが、八雲の書いた「怪談」の様な民話もまた豊富なところです。ゲゲゲの鬼太郎などの妖怪漫画を書いた水木しげるさんも境港の出身です。  水木しげるロード 

続きを読む "出雲は神話・伝説・民話の宝庫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツナミを世界語にしたのは八雲

八雲は「生神様」と言うツナミの事件を書いています。

その要旨は、ある日、海が遠くへ引いていくのに気付いた村の長者が、祖父から聞いた恐ろしい話を思い出す。海岸には祭りの準備で村人が全員集まっており、海が引くのを追いかけたりしている。

長者は、・ ・ ・

続きを読む "ツナミを世界語にしたのは八雲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)