« いよいよ5月16日から | トップページ | 虫歯予防の日 »

出雲そばでインフルエンザの感染や増殖を抑制

やっとインフルエンザ騒ぎもおさまりつつある様ですが、この秋冬はどうなるか心配です。
受験生や妊婦の方は特に気をつけて欲しいですね。

昨年末に島根県環境保健科学研究所の持田恭主任研究員の研究成果が特許として認められました。これは、「島根県特産の出雲そばの葉と殻に、インフルエンザウイルスの感染や増殖を抑制する作用がある」というものです。

出雲そばの葉や殻から抽出された
増殖抑制成分は「クロロゲン酸誘導体」というものだそうで、ウィルスの型に関係なく効果を示し、増殖抑制率も90数パーセントと言います。

これを使ったうがい薬やマスク、のど飴などが早く実用化されればと思います。その時、うがい薬のあの消毒臭は「そばの味」に変わるのでしょうか。

昔からある自然なものが意外な力を持っていたという話はほかにも有った様に思います。タミフルが買えない途上国でも「出雲そば」の栽培なら出来るのではと思います。


有機奥出雲こだわりそば

|

« いよいよ5月16日から | トップページ | 虫歯予防の日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506298/45190061

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲そばでインフルエンザの感染や増殖を抑制:

« いよいよ5月16日から | トップページ | 虫歯予防の日 »