« 鮑(あわび) | トップページ | 蜆(しじみ) »

鰻(うなぎ)

昭和の初期から戦後にかけて、大阪でウナギ飯と言うと「出雲屋」とされ、大阪中に何軒もあったと言います。宍道湖と中海で獲れる鰻は「出雲うなぎ」と呼ばれ、江戸時代に中国山地を超え岡山から瀬戸内海を通って大阪まで運ばれたそうです。

この「うなぎ街道」には、途中に鰻を休ませる池も用意されていて、生きたまま大阪へ届けていたようです。さらには京都の宮家にも献上されていました。

鰻の焼き方は、腹から割き身を素焼きにして照りがつくまでタレをつけ、ウチワで風を送りながら焼く「地焼き」と呼ばれ、出雲から上方に伝わり、全国的に広まったのだそうです。

明治22年、大阪中之島にあった大阪川魚株式会社の楼上で、名代鰻の品評会があり、宍道湖と備前青江(岡山県)とが最後まで残ることになった。名だたる通人、問屋、料理屋の主人達が審査員になっていたのだが、手をこまねいて、いずれとも決しかねたのである。岡山の味風土記)とあるように、出雲うなぎは高い評価を得ていました。

現在では、獲れる量も少なく、市場にはめったに出ない様です。

 ユリキータの日本の郷土料理 食べ歩き

|

« 鮑(あわび) | トップページ | 蜆(しじみ) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506298/40120441

この記事へのトラックバック一覧です: 鰻(うなぎ):

« 鮑(あわび) | トップページ | 蜆(しじみ) »